5月20日のお惣菜たち

 

旧暦の立夏は5月5日〜5月20日
明日で夏の始まりの準備期間が終了し、草木は益々緑を深めていく季節。
犬たちも、太陽の光をたっぷり浴びて、自律神経を整えて梅雨に備えてくださいね。

今週も変わらず、新鮮な色々野菜でスープを仕込みます。
しっかりと水分補給して、保水力もアップしつつ、古いお水は排出して、クリアは体作りを。

 

 

●野菜スープ/18種の爽やかな野菜や果物のポタージュスープ
新じゃが、加賀のきゅうり、花ルッコラ、セロリ、レタス、春キャベツ、小松菜、ベビーコーン、人参、大根、絹さや、明日葉、おかわかめ、おかひじき、パクチー、エリンギ、ジューシーオレンジ

掘り立ての新じゃがに、爽やかな野菜をしっかり煮込み、仕上げに

ジューシーオレンジの果汁を搾り込むます。

 

 

 

●お肉のごはんスープ/牛スネ肉のトマト煮ごはんスープ
国産牛のスネ肉、トマト、オーガニックトマト缶、ズッキーニ、セロリ、ルッコラ、人参、いんげん、キャベツ、カリフラワー、アスパラガス、パプリカ、しめじ、りんご酢、梅酵素、ハーブ(ローズヒップ、ダンデライオン)

国産の牛スネ肉をりんご酢と店主仕込みの梅酵素でコトコト煮込み、
さらにオーガニックに無添加トマト缶と西洋野菜とで、さらに煮込んたごはんスープです

食欲が少し落ちている時、牛肉の香りはそそります。
また、不安定な気候に影響されている時は、気をおろす白い肉や魚がいいとされていますが、
逆に気候に影響をうけて、バランスを崩している犬には、気が上がる赤い肉

も時には有効です。

牛肉に多く含まれるトリプトファンは、幸せホルモ

ンとも呼ばれる「セロトニン」を作り出してくれます。
このセロトニンは、神経伝達物質であり、心のバランスを保つのに、とても重陽な役割を担っています。

・ドーパミン・・・やる気、快楽、興奮をもたらす
・ノルアドレナリン・・・不安、ストレス、パニックをもたらす

セロトニンは、ドーパミンとノルアドレナリンどちかが過剰になりすぎないようバランスを保つ調整役
セロトニンがあることで、気持ちを穏やかにし心を安定させてくれる効果が期待できるのです。

体調やご機嫌を見ながら、チョイスしてくださいね。

 

 

 

●朝かなスープ/朝獲れ真いわしとひじきのごはんスープ
真いわし、ひじき、小松菜、長芋、ブロッコリー、ごぼう、きゅうり、舞茸、大根、菊芋、あかわかめ、まいたけ、アスパラガス、スナップエンドウ、舞茸、ジューシーオレンジ

朝獲れの真いわしを、1尾分
いわしにはDHAやEPAなどの必須脂肪酸が豊富に含まれ、このDHAやEPAは冷たい海域に分布している魚でも体液が固まらないようにするための成分で-40℃でも固まらない!=血液をサラサラにする効果があるとされているのです。
この他にも、カルシウム、マグネシウム、リンなど骨の形成にとても重要なミネラルも豊富に含み、骨の強化が期待できます。
さらに、ビタミンDも豊富に含むため、カルシウムの吸収がアップ!

今回旬の片瀬のひじきと合わせて、カルシウム祭りのようなごはんスープになります♪

 

 

●水餃子/牛赤身+三つ葉+黒胡麻
気分上がる牛肉と気の流れをよくする三つ葉の水餃子
食間の水分補給に役立ててくださいね〜

 

今週も元気な一週間でありますように。

ご予約、お買い上げは オンラインストア(手作りお惣菜) からお願いいたします。

最近のお知らせ

6月24日、7月1日 今週のお惣菜をお休みします
6月17日のお惣菜
6月10日のお惣菜たち

最近の読みもの

犬にも塩分は必要!

月別アーカイブ

年別アーカイブ