10月20日のお惣菜たち

 

寒かったり暑かったり、、、仕込んでいる本日木曜日は暑くてTシャツスタイルです。
でも、つい先日はダウンのベストを着ていました。
老犬には、自律神経を乱されるアップダウンとなっているのでは、と思われます。

自律神経が乱されると、まずは下半身の冷えからくるお腹の不調。
その不調が続くと体力が消耗し、そこに乾燥が進み肺機能が落ちてくると、新鮮な酸素の供給が減り、各臓器が万全に働けない
ちょっとした負のスパイラルに陥りやすくなります。

今週は粘膜保護をテーマに。乾燥をガードし、潤いをもたらすお惣菜を仕込みます。

<今週のお惣菜>
・野菜:胃腸を整える粘膜保護の野菜スープ
・お肉:参鶏湯しっとり潤うのごはんスープ
・お魚:鯉のフェンネル風味のごはんスープ

 

 

●お野菜胃腸を整える粘膜保護の野菜スープ
昆布水+金時しょうがの粉
かぼちゃ、人参、大根、里芋、赤キャベツ、ケール、 カーリーケール、蓮根、小松菜、バターピー、ブロッコリー、りんご、舞茸、しいたけ、なめこ、マッシュルーム、紫蘇、国産レモン

粘膜保護をしてくれるビタミンAをたっぷりと。
外からの感染の防御力のアップと、下痢気味、便秘気味、ちょっとした嘔吐などなど、ちょっぴり傷んだ粘膜を修復保護する野菜のスープ


食物繊維たっぷりです。
お好みのたんぱく質(お肉やお魚)と合わせたり、いつものドライフードのトッピングに。使いやすい様にアレンジしてください。
スープのままを少し足したり、お腹が緩みやすい犬は倍に薄めて与えて、便の様子を見ながら増減してください。

 

●お肉/参鶏湯しっとり潤うのごはんスープ
鹿児島産丸鶏+なつめ+もち米+栗+しょうが+根昆布
ささみ(1本)、冬瓜、大根、大根葉、パクチー
たっぷりの野菜とお肉を煮込んだスープごはんです。

今週は参鶏湯。
1袋に、もち米:約15g、ささみ:1本、栗:1個、なつめ:少々に、煮込んだ丸取りの一部と大根と冬瓜のすりおろし、大根葉とパクチーを加えたスープです。
たんぱく質が足りない犬には、鶏肉を足してあげてください。

もち米には肺を潤す効果が期待できます。
栗やなつめは脳を癒し、寒暖差でヘトヘトをサポートします。

心温まる参鶏湯で、心身共にほっと一息つけるごはんの日をどうぞ。

 

※5~6kgの犬ならば、1袋で1食分(1日2回として)としてお使いいただけます
・数回に分けていつものごはんのトッピング
・お肉を加えて、お湯で伸ばして1食分と完結してもOK
・お出かけ時のごはんとしても便利です

 

●お魚/鯉のフェンネル風味のごはんスープ
佐久鯉(生約60g)+昆布水
大根、冬瓜、さつまいも、キャベツ、ケール、カーリーケール、人参、かぼちゃ、小松菜、りんご、舞茸、しいたけ、なめこ、マッシュルーム、国産レモン

久しぶりの鯉養生です。
鯉の効果効能は、何度も書いておりますが、何と言っても注目すべきは強肝剤!
季節の変わり目とフィラリアのお薬の飲み続けた疲れた肝臓をケアして欲しい。そして、免疫をアップしたり、関節痛を和らげたり、腎臓をケアしてむくみをとったり、、、。

今回も、内臓は外しておりますが、中骨と頭とたっぷりの身を圧力鍋でじっくり加熱して、ペースト状にして詰め込みます。

※5~6kgの犬ならば、1袋で1食分(1日2回として)としてお使いいただけます
・数回に分けていつものごはんのトッピング
・お肉を加えて、お湯で伸ばして1食分と完結してもOK
・お出かけ時のごはんとしても便利です

 

 

 

●プチ惣菜/鮎と青のりの水餃子:88円(税込)
鮎、青のり、紫蘇、小麦粉

そろそろ今年最後の鮎でしょうか?
ミネラル豊富で血行促進や粘膜保護が期待できる鮎を、食間のおやつや水分補給、ごはんのトッピングにご利用ください。

 

 

今週も元気な一週間でありますように。

ご予約、お買い上げは オンラインストア(手作りお惣菜) からお願いいたします。

最近のお知らせ

12月1日のお惣菜たち
11月24日新月のお惣菜たち
11月17日のお惣菜たち

最近の読みもの

犬にも塩分は必要!

月別アーカイブ

年別アーカイブ