2月16日のお惣菜たち

2月もあっという間に半分が経ちましたね。
三寒四温。気圧の乱高下も激しく、お腹の調子がいまいちという犬も多い時期です。

しっかりと水分を摂って出して、おひさまにもたっぷりとあたって、養生してくださいね。

今週も先週同様、血行促進を意識して仕込みます。

 

<今週のお惣菜たち>
●野菜:カレー野菜スープ
お肉:鹿肉の紅色ごはんスープ
●お魚:きはだ鮪とひじきのごはんスープ

 

 

 

●野菜:カレー野菜スープ
昆布水
スパイス:クミンシード、コリアンダー、レモンバーム、カルダモン、ターメリック、陳皮、フェンネルパウダー
じゃがいも、人参、菊芋、セロリ、大根、小松菜、春菊、ピーマン、ブロッコリー、りんご、マッシュルーム、オーガニックトマト缶、パクチー

血行促進と気分をあげるスパイスをほどほどに。
カレー風味の野菜スープ。

 

●お肉/鹿肉の紅色ごはんスープ
西米良鹿赤身肉(生 約65g)

かぼちゃ、ビーツ、人参、菊芋、ごぼう、大根、キャベツ、セロリ、ほうれん草、ブロッコリー、春菊、りんご、しめじ、若セロリ

体を温める鹿肉にあたため野菜の代表ビーツとかぼちゃで煮込みます。
ぐっと気温が下がった日に、ほっこりあたたまるごはんです。

 

●お魚/きはだ鮪とひじきのごはんスープ
三重のまぐろ(生 約65g)+三重のひじき+昆布水
白菜、かぶ、人参、菊芋、じゃがいも、ごぼう、セロリ、小松菜、ブロッコリー、エリンギ、山芋、りんご、三つ葉

きはだ鮪は、疲労回復のビタミンB1や細胞の皮ふや粘膜の細胞を活性化するビタミンB2、また、皮ふや粘膜の健康維持と脳神経を正常に働かせるナイアシンやビタミンB6、造血には欠かせない葉酸やビタミンB12が豊富に含まれます。抗酸化ビタミンであるビタミンEも持ち合わせており、脂質は少なめ。お腹を壊した後の回復期にはおすすめのタンパク質です。

 

 

 

今週も健やかな一週間でありますように。

 

ご予約、お買い上げは オンラインストア(手作りお惣菜) からお願いいたします。

最近のお知らせ

7月11日のお惣菜
7月4日のお惣菜たち
6月27日のお惣菜たち

最近の読みもの

犬にも塩分は必要!

月別アーカイブ

年別アーカイブ