6月22日のお惣菜たち

 

昨日夏至を迎え、「夏に至る」と書くように本格的な夏に向かっていきます。
じわじわと湿度も上がって来ており、湿気の影響を受けている犬もいるのでは〜と思われます。
まずは、熱がこもらない様に、香り強めのトッピングや熱を取ってくれる瓜系の野菜やおやつはスイカを。
そして、湿気が入り込むと滞りやすくなります。血行促進などでケアしてくださいね。

今週も熱のがしと湿気サポート、そして巡りをよくする食材で血行不良にならない様を意識して仕込みます。

 

<今週のラインナップ>
●野菜/除湿サポートの野菜のスープ
●お肉/イノシシのトマト煮ごはんスープ
●お魚/真鱈と干しえびのごはんスープ

 

 

 

●野菜/除湿サポートの野菜のスープ
昆布水+はとむぎ粉
ベビーコーン、もやし、トマト、ビーツ、大根、じゃがいも、(グランドペチカ)、白瓜、冬瓜、きゅうり、赤ピーマン、インげん、小松菜、明日葉、アスパラガス、人参、レタス、しいたけ、りんご、菊の花、パセリ(生)、白セロリ(生)、甘夏

はとむぎの種の殻を除いて乾燥したものはヨクイニンと呼ばれ、漢方として活用されています。
ヨクイニンは体の余分な水分を排出する働きがあるため、むくみや下痢などに用いられています。
はとむぎは、昔から胃腸の調子を整え、胃もたれや食欲不振を抑える効果があるとされており、薬膳料理では代謝を高めて毒素を排出し、利尿作用の促進効果も期待されています。
これからの季節には、かなり活躍してくれるはとむぎ。
はとむぎ茶をごはんのベースにしたり、はとむぎを炊いて足してあげたり、今回ははとむぎを焙煎して粉にしたものを使いますが、ささっと振りかけるだけであげる事ができますので、とても便利です。水分補給にほんの少し溶かしてあげたりと、利尿をすすめて、いらない水分を溜め込まないように整えてくださいね。

 

●お肉/イノシシのトマト煮ごはんスープ
イノシシもも肉(生約70g
)+オーガニックトマト缶
大根、さつまいも、キャベツ、冬瓜、ズッキーニ、ベビーコーン、トマト、もやし、ピーマン、小松菜、明日葉、人参、モロッコいんげん、りんご、菊の花、パクチー(生)、パセリ(生)、甘夏(生)

イノシシは鹿同様、野山を駆け回り不要な薬などの投薬もない、筋肉質なお肉です。
ただ、食べているもの差や年齢、捕獲の季節により、ずいぶんと差があるとされており、栄養面などは特に個体差が激しいと言われています。
その栄養面では、豚肉ととても良く似ており、たんぱく質や脂質は、ほぼ同じですが、鉄分は豚肉の4倍も含まれています。
また、ビタミンB群も豊富で、特に疲労回復ビタミンB1は、うなぎを上回っています。

なかなか、安定して手に入れ難いのですが、たまには少し臭みのあるイノシシのお肉でテンションアップして、鬱陶しい梅雨を乗りきってくださいね。

 

 

 

●お魚/真鱈と干しえびのごはんスープ
北海道産真鱈(皮なし)(生約70g)+干しえび
かぼちゃ、冬瓜、大根、ベビーコーン、きゅうり、キャベツ、おかひじき、もやし、ピーマン、インゲン、人参、小松菜、明日葉、アスパラガス、りんご、しいたけ、菊の花、三つ葉(生)、パセリ(生)、甘夏(生)

北緯37度以北の冷たい海に生息する真鱈
ビタミンやミネラルが豊富で、中でもビタミンDは骨や歯の形成に欠かせないビタミンで、きのこ類に豊富に含まれる成分ですが、この真鱈にもとても多く含まれています。

また、鱈100gあたりのカリウムは350mg!
カリウムはナトリウムと協力して細胞の浸透圧を維持したり、余分なナトリウムを体外に出したり、血圧を正常に保つ働きがあります。
そして、腎臓からの老廃物の排泄を助けてくれたりもしてくれます!

ほぼ旬は終わっていますが、最近は年間を通して食べられるようになりました。

脂質が少なく、ビタミンミネラルが豊富で老廃物の排出を助けてくれる。
この季節、お魚で迷ったら、とりあえず鱈にしておく的な存在だったりします。

 

今週も元気な一週間でありますように。

 

ご予約、お買い上げは オンラインストア(手作りお惣菜) からお願いいたします。

最近のお知らせ

7月11日のお惣菜
7月4日のお惣菜たち
6月27日のお惣菜たち

最近の読みもの

犬にも塩分は必要!

月別アーカイブ

年別アーカイブ