3月21日のお惣菜たち

宇宙元旦と言われる『春分の日』

太陽が黄道上の「春分点」を通過した日が「春分日」
昼と夜の長さが全く同じになり、この日を境に昼がだんだん長くなり、逆に夜が短くなる、季節の節目となる日です。
冬が終わりを告げ春の訪れが感じられるこの日を、昔から春を祝福する日として祝ってきました。

ぼたもち(秋ではおはぎ)を食べ、邪気を払う。
太陽が真東から昇り、太陽が真西に沈むこの時期は、ご先祖様が住んでいる極楽浄土と現世が交流しやすいと考えられています。
なので、この春分の日を中心に7日間前後は、お墓参りに最適とされているのです。

「暑さ寒さも彼岸まで」春分の日や秋分の日のお彼岸を境に季節が変わり、寒さや暑さが和らぎ過ごしやすくなるはず。

仕込みの21日の今日は、地震から始まり、思いのほか冷えていますね。
今週いっぱいはひんやり、来週から15度超え。
本格的な春が来る前に、肝機能を整える事も大切ですが、不要な水分は出し切って、胃腸を健全に保つ事も大切です。

 

<今週のラインナップ>
⚫︎野菜/胃腸を整え緊張緩和のハーブと野菜のスープ
⚫︎お肉/豚肉の薄切りと粘膜保護のごはんスープ
⚫︎お魚/天然ブリで肝機能アップのごはんスープ

⚫︎今週のトッピング/善玉菌増やして余分な水分を排出したいトッピング(14キューブ)

 

⚫︎野菜/胃腸を整え緊張緩和のハーブと野菜のスープ
昆布水+ハーブ(ジャーマンカモミール、レモングラス、ローズヒップ、ペパーミント、リンデン)
ビーツ、青パパイヤ、キャベツ、紫さつまいも、蓮根、ブロッコリー、青梗菜

ジャーマンカモミールは、胃腸の調子を整える働きがあり、ストレスからの下痢や過敏性腸症候群にも有効とされています。
また、体を温める効果があり、自律神経の乱れが原因の冷えなどにも有効です。
今週は、ジャーマンカモミール多めでまとめて行きます。

今週は市場に並ぶ野菜の種類が少なく、そして(泣)
そんな週もありますね!

 

⚫︎お肉/豚肉の薄切りと粘膜保護のごはんスープ
豚もも肉薄切り(約70g:生計測)+レバー(約10g:生計測)+昆布水
かぶ、白菜、里芋、青パパイヤ、カリフラワー、蓮根、青梗菜、インゲン、菜の花、人参、ほうれん草、えのき、パセリ(生)

脂質を減らしたいこの季節に、豚肉、、矛盾している様ですが、ビタミンB群が豊富な豚肉には、脂質を取り除きつつも取り入れたい栄養素がたくさん含まれます。
そして、自律神経の乱れ、腸内環境の乱れからお腹の調子を崩している犬も多い時期でもあります。
豚レバーと共に、粘膜の修復をサポートしてもらって4月に備えたいと思います。

 

⚫︎お魚/天然ブリで肝機能アップのごはんスープ
天然ブリ(約65g:生計測)+昆布水+ひじき
大根、キャベツ、新じゃが、蓮根、ほうれん草、青梗菜、インゲン、菜の花、人参、青パパイヤ、クレソン、しめじ

ブリには、EPAやDHAの不飽和脂肪酸がとても豊富です。

この脂肪酸の効能は
血中コレステロールや中性脂肪を低下させる
抗アレルギーなどの効能も注目されていている成分です。

さらに、DHAは脳神経機能の重要な栄養素。認知症予防や自律神経へのアプローチにも効果が期待できます。

今日はぴちぴちのジャンボなブリさんを一尾丸ごと調理します!
中骨からもお出汁を取って、ブリスープで仕込みます。

 

 

⚫︎今週のトッピング/善玉菌増やして余分な水分を排出したいトッピング(14キューブ)
生薬:山楂、枸杞の実、小豆
キャベツ、大根、紫さつまいも、菜の花、人参、カリフラワー、蓮根、菜の花、こごみ、りんご、白舞茸

春のお彼岸定番のぼたもち。小豆の赤で邪気払い。
小豆を炊いて、春の野菜を合わせます。
余分な水分は体を汚します。
出して、腸を整えて、肝臓をお掃除する準備の1週間をサポートします。

山楂(さんざし)は、健胃薬として胃の調子を整え、消化を助け、血流をよくしてくれると言われています!

 

今週も健やかな一週間でありますように。

ご予約、お買い上げは オンラインストア(手作りお惣菜) からお願いいたします。

最近のお知らせ

4月18日のお惣菜たち
お惣菜の受け取り場所が増えます!
3月28日のお惣菜たち

最近の読みもの

犬にも塩分は必要!

月別アーカイブ

年別アーカイブ