7月4日のお惣菜たち

いきなりの酷暑。
仕込んでいる7月4日は殺人的な暑さです。

犬たちは、夜になってもはぁはぁと熱が篭っている状態ではありませんか?
そんな犬たちは、しっかりと熱逃しを心がけてくださいね。

また老犬たちは、湿度と温度の変化に自律神経が追いつかず、うまくコントロールできない事で熱中症のリスクがぐっと上がります。
家の中だから、大丈夫ではありませんので、体の温度や呼吸に注意をしてあげてください。

今週は、湿気逃しと熱逃し、そして排出を意識して仕込みます。
お魚は心臓をサポートして仕込みます。

<今週のラインナップ>
⚫︎野菜/小豆と夏野菜の排出スープ
⚫︎お肉/豚ヒレ肉とフェンネルのごはんスープ
⚫︎お魚/イワシと胡桃と赤紫蘇のごはんスープ
⚫︎今週のトッピング/小豆とハトムギのお粥のトッピング(14キューブ)

 

⚫︎野菜/小豆と夏野菜の排出スープ
昆布水+小豆(約8g)
冬瓜、キャベツ、大根、かぼちゃ、セロリ、ゴーヤ、人参、ズッキーニ、きゅうり、モロッコインゲン、豆苗、しめじ、トマト、紫蘇(生)

小豆はカリウムがとても豊富で利尿作用があるとされています。
余分な湿がたまり、不調がでやすい梅雨の季節にとてもおススメの食材の代表なのです。
解毒効果も高く、むくみのある犬にはもちろん、膿が出るような皮膚炎のある犬にも取り入れたい食材です。
今週は炊いた小豆を加えて煮込みます。

⚫︎お肉/豚ヒレ肉とフェンネルのごはんスープ
豚ヒレ肉(約70g)+レバー(約15g):生計+昆布水
フェンネル、冬瓜、キャベツ、大根、じゃがいも、セロリ、ゴーヤ、人参、コリンキー、きゅうり、インゲン、ピーマン、小松菜、豆苗、舞茸、バジル(生)

胃腸に負担がかからないように脂質が少ないたんぱく源を。という訳で、平性で体を温める事もなく、先週使った馬肉のように涼性で体を冷ます分でもない豚肉。エアコンで冷えている犬にも、暑さでバテ気味の犬にも、おすすめです。
ビタミン類も豊富で、神経の機能を円滑に働かせ、情緒を安定させるビタミンB1も多く、豚肉のビタミンは比較的熱に強いと言われており、この暑さで自律神経が乱れやすい今週には、ぴったりのお肉です。

 

⚫︎お魚/イワシと胡桃と赤紫蘇のごはんスープ
相模産イワシ(一尾)+胡桃(約8g))+昆布水
キャベツ、大根、冬瓜、さつまいも、赤紫蘇、ゴーヤ、人参、ズッキーニ、きゅうり、インゲン、ピーマン、豆苗、小松菜、トマト、なめこ、イタリアンパセリ(生)

EPA&DHAが豊富なイワシと、栄養価の高い胡桃を合わせます。
胡桃は、薬膳では足腰の衰えや慢性の咳などにいいとされており、腰痛や、頻尿、便秘気味の犬、足腰が衰えてきた犬、慢性の咳が出る犬におすすめです。

ただし、脂質が高いので、与えすぎると下痢をしたり、ベトベト系の皮膚疾患のある犬には、不向きです。

心臓が正常に働くには、適度な脂質が必要です。
この暑さは心臓に一番ダメージを受けてしまいます。

そんな心臓に良質な脂質をプラスします。

 

⚫︎今週のトッピング/小豆とハトムギのお粥のトッピング(14キューブ)
有機小豆、はとむぎ、寒天
※解凍して、いつものごはんにプラスするだけ
※朝晩1キューブ、一週間にコツコツとあげてください
※嗜好性をアップするものではありません

湿気逃しの鉄板!
小豆&ハトムギは最強のコンビです。

しかっりと湿気逃しをする為には、このコンビは必須なのです。
今回はお粥状に煮たものを、毎日コツコツと。
その日に入り込んだ湿気はその日のうちに出す!!!!!

シンプルなトッピングですが、毎年店主の犬たちもこのコンビに助けられています。

 

今週も健やかな毎日でありますように。

 

ご予約、お買い上げは オンラインストア(手作りお惣菜) からお願いいたします。

最近のお知らせ

7月11日のお惣菜
7月4日のお惣菜たち
6月27日のお惣菜たち

最近の読みもの

犬にも塩分は必要!

月別アーカイブ

年別アーカイブ